NFT初心者

”これで完結”MetaMask(メタマスク)の使い方【完全版!】

kemusojpn

今回の記事は、NFTの購入やブロックチェーンゲームで必須になる「MetaMaskメタマスク」の使い方について解説していきましょう。

NFTや仮想通貨を触る上でウォレット作成は避けて通れないのでしっかりと理解を深めておきましょう。

蓋を開けると実際に使うところは少ないのですぐに理解できるはずです。

この記事で分かること
  • MetaMaskへの理解
  • 入出金のやり方
  • ブラウザの使用方法
  • OpenSeaと接続する方法
  • NFTインポートのやり方

最初は難しいかもしれないけど、本当に簡単だから難しく考えないようにしよう。

kemuso
kemuso

MetaMask(メタマスク)とは

メタマスクとは、NFTや仮想通貨を保管しておくためのお財布「ウォレット」です。

スマホアプリまたはGoogle Chromeの拡張機能としてユーザーは無料で利用することができます。

現在リリースされているNFTやブロックチェーンゲームには必須アイテムというほどよく使うサービスになります。

これから仮想通貨やNFTを触れていく方は、まずはアカウントを作成しておくべきサービスです。

MetaMaskでできること

必須と言いますが、メタマスクで何ができるのか見ていきましょう。

様々な使い方がありますが、よく使うことのみを記述していきます。

MetaMask 主に使うこと
  • 仮想通貨の保管
  • NFTの保管
  • 仮想通貨の入出金
  • NFTの送受信
  • NFTの売買

主にメタマスクを使うこととして上記5点が挙げられます。

NFTや仮想通貨を触るには必須と言っている意味がわかると思います。
上記の通り、NFTを購入するなら尚のことほぼ100%使うサービスです。

MetaMaskのダウンロード

では早速メタマスクをダウンロードしていきましょう。

個々での使用環境に合ったものをダウンロードして下さい。

ダウンロードが完了したら登録まで済ませましょう。
これだけで完了です。

12単語のシードフレーズ(英単語12個がパスワード)は必ず紙に控えて、安全な場所へ保管して下さい。

忘れてしまうと復旧することができなくなり資産が全て消えます。

MetaMsak 入金方法

先ほども述べた通り、メタマスクはNFTや仮想通貨の保管ウォレットなのでウォレットにお金を入れることができます。

日本円は入れることができないので、仮想通貨を購入しメタマスクに入金しましょう。

初心者へもおすすめの仮想通貨取引所2つをご紹介します。

Coin Check(コインチェック)

本社を日本に置く日本の仮想通貨取引所です。
初心者にもわかりやすく操作性に優れていて直感的に仮想通貨の売買が日本円で行うことができます。

コインチェック

コインチェックの口座開設の解説は下記の記事で詳しく紹介していますので、
ぜひ参考につかってください。

参考記事
【Coincheck(コインチェック)】口座開設|ビットコイン購入方法
【Coincheck(コインチェック)】口座開設|ビットコイン購入方法

Bybit(バイビット)

仮想通貨取引所最大級の海外に本社を置く、非常に取り扱い銘柄の多い取引所です。
こちらも日本語に対応しており、やや慣れは必要なものの操作性に優れた取引所になっています。

また、CoinCheckとの相性がいいので、CoinCheckとBybit2つを登録しておけば困ることはないでしょう。

仮想通貨の準備ができたら、取引所からメタマスクへ送金しましょう。

今回はコインチェックを使って実際にメタマスクへ送金していきましょう。

※使用端末はiPhone12proです。

Method of operation1

購入し、ウォレット内の残高分があることを確認しメタマスクに移したいETH(イーサリアム)を選択し送金をタップします。

Method of operation2

このような画面が表示されるので、追加、編集をタップし、新規追加へ進みましょう。

ここでメタマスクのウォレットアドレスが必要になるので、メタマスクのアプリまたは、GoogleChrome拡張機能へ移動しウォレットアドレスをコピーしましょう。

MetaMask img

赤枠で囲っている場所にあなたのウォレットアドレスが記載されています。

赤枠をタップするとウォレットアドレスが自動でコピーされるのでコインチェックに戻り、メタマスクのウォレットアドレスを新規登録しましょう。

ウォレットアドレスは必ずコピー&ペースト(貼り付け)で行って下さい。

Method of operation3

入力箇所を上記のように入力し、SMSを送信をタップ、6桁のコードがSMSに届くので6桁のコードを入力しましょう。

2枚目の送金する通貨を確認し、送金額を確認します。

必ず1番最初に送金する金額は少ない額にしましょう。
万が一なにか間違っていて、送金ができなかった場合に取り返せなくても最悪大丈夫な金額にしておきましょう。

これにてMetaMaskへの送金は完了です。

着金には多少時間がかかります。

MetaMsak 出金方法

出金に関してNFTは対象外になりますが、仮想通貨を日本円に変えたい時に出金する作業が必要になります。

仮想通貨を日本円に変えたい場合も必ず日本の仮想通貨取引所が必要になるので、先ほど使用したコインチェックを再び使用します。

仮想通貨→日本円に換金
Coincheck(コインチェック)

出金手数料は一律400円
安心の国内企業コインチェック

コインチェック

それでは、メタマスクからコインチェックへ仮想通貨を送金してみましょう。

Method of operation4

メタマスクアプリに戻り、「送信」を選択し「To」にコインチェックのウォレットアドレスをペースト(貼り付け)をします。

※要注意

受け取る通貨次第でウォレットアドレスが違うので注意して下さい。

Method of operation5

今回はETH(イーサリアム)を受け取りたいので、「ETH」を選択して2枚目の「受取」を選択します。

Method of operation6

ETHの入金用アドレスが表示されるのでコピーをしてメタマスクに貼り付け「送信」を選択し出金が完了します。

入出金作業は以上で完了です。

MetaMask ブラウザ

NFTを購入するには必ずメタマスクが必要になりますが、ここではNFTのマーケットプレイス【OpenSea(オープンシー)】で説明していきます。

OpenSeaは世界で最もNFTが売買されている世界最大級のNFTマーケットプレイスです。

このOpenSeaとメタマスクウォレットを紐づけることであなたのウォレット内にある残高とウォレット内に保有しているNFTが表示され売買可能になります。

通常のブラウザ「Safari」「Google」などでは接続ができないため表示されませんし売買することはできません。

メタマスク内の左上にあるハンバーガーメニューを選択し、ブラウザを開いてみましょう。

MetaMask page

赤枠に「https://opensea.io/ja」をコピー&ペーストしてOpenSeaを開いてみましょう。

OpenSea siteimg

「ウォレットを接続」を選択すると既にNFTを売買できる準備は完了です。

再度ウォレット画面に戻りたい時は再度左上のハンバーガーメニューを選択し、ウォレットを選択して下さい。

このように非常に簡単にメタマスクを使用し、NFTを購入できるようになるので難しく考えず気楽にやってみましょう!

これにてメタマスクで使用する操作8割は理解したと思っていいほどほぼOKです。

MetaMask NFTインポート

NFTのインポートはほぼ使いませんし正直覚えなくてもいい作業ですが一応紹介しておきます。

メタマスク内でNFTを眺めたいとか、手軽にNFTをみたい方にはおすすめかもしれませんが、

OpenSeaで保有しているNFTを見る以外にもメタマスクでNFTを表示させることができます。

Method of operation7

赤枠の「NFT」を選択し「NFTをインポート」を選択

NFTのアドレスとコレクティブルIDを入力すると保有しているNFTを表示させることができます。

まとめ

メタマスクは、仮想通貨やNFTを保管するウォレットで、日本円から仮想通貨を購入しNFTを売買することができる。

実際には使う機能は少なく非常に簡単操作である。

ブロックチェーンゲームなどに使用する場合もありますが基本的にメタマスクはウォレットでNFTや仮想通貨のデータを管理しているものなので、

仮想通貨の保有やNFTの売買に使うことがほとんどです。

特殊な使い方で、メタマスクを通さないと購入できない仮想通貨が存在しますが、初心者のうちは必要ないと思うので、省かせていただきました。

ぜひNFTを売買してみてください!

ではまた!

ABOUT ME
Kemuso
Kemuso
NFTブロガー
NFTプロジェクトのファウンダーとしてNFTプロジェクトの運営を経験。

現在3つのブログを運営中
記事URLをコピーしました