仮想通貨取引所

Coincheck(コインチェック)にかかる手数料について

kemusojpn

Coincheck (コインチェック) は取引手数料無料キャンペーンが無期限で行われていることから、初心者向けの取引所と言えます。新規登録再開を機にCoincheckでの取引に興味を持つも、利用するにあたって難しい点はないか気になる人も多いでしょう。

本記事では、Coincheckにおける通貨の売買手数料、送金手数料について解説します。

Coincheck(コインチェック)とは

Coincheck thumbnail

Coincheck(コインチェック)は、金融庁登録済の暗号資産交換業者であるコインチェック株式会社が運営している暗号資産取引所です。コインチェック株式会社のもとになったレジュプレス株式会社は、2012年8月に設立され、2014年8月からCoincheckの提供が始まりました。

暗号資産取引所では、ビットコインをはじめとする暗号資産(仮想通貨)の購入や売買、送金などのサービスを受けることができます。なお、Coincheck(コインチェック)では暗号資産の取引だけではなく、最大年率5%の貸暗号資産サービスや、ビットコインの決済サービス、暗号資産積立サービスなど、様々なサービスを利用することもできます。

Coincheck(コインチェック)の特徴

  • 取り扱い通貨数が国内最大級
  • 日本企業なので安心して取引ができる
  • 日本語+直感的簡単操作で取引が可能
  • アプリダウンロード数、国内No.1
  • 取引所の取引手数料が無料
  • 口座開設や取引操作が簡単でスピーディー
  • 安全なセキュリティ対策

など海外の取引所にはない国内企業ならではの圧倒的な安心感があります。

Coincheck(コインチェック)取り扱い銘柄

page design

Coincheck(コインチェック)は取り扱い通貨数が国内最大級です。

2022年6月時点での取り扱い銘柄は、17種類の暗号資産を取り扱っています。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エイジコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
  • サンド(SAND)

BTC・ETHをはじめ各種アルトコインも豊富に取り扱っています。

Coincheck(コインチェック)の取引手数料

コインチェックでは取引所と販売所で仮想通貨を取引できます。

取引所と販売所の違いは以下の通りです。

  • 取引所:ユーザー同士間で仮想通貨を取引する場所
  • 販売所:ユーザーとコインチェック間仮想通貨を取引する場所

コインチェックの取引所と販売所の手数料を詳しく見ていきます。

Coincheck(コインチェック)取引所手数料

Coincheck(コインチェック)の取引所では、以下の通貨ペアを現物で取引できます。

  • BTC(ビットコイン)/JPY(円)
  • ETC(イーサリアム)/JPY(円)
  • FCT(ファクトム)/JPY(円)
  • MONA(モナ)/JPY(円)
  • PLT(パレットトークン)/JPY(円)

コインチェックの取引所の手数料は無料です。

多くの仮想通貨取引所では、取引所での売買に手数料がかかります。取引所の手数料がかからないコインチェックは、国内取引所で仮想通貨を売買したい人にとても適しています。

なお、コインチェックの取引所ではスプレッド(買値と売値の差)があります。とはいえ、その差は0.002% とかなり狭いため、特に気にする必要はないでしょう。

Coincheck(コインチェック)販売所手数料

Coincheck(コインチェック)の販売所では、以下の通貨ペアを現物で取引できます。

  • BTC(ビットコイン)/JPY(円)
  • ETH(イーサリアム)/JPY(円)
  • ETC(イーサリアムクラシック)/JPY(円)
  • LSK(リスク)/JPY(円)
  • FCT(ファクトム)/JPY(円)
  • XRP(リップル)/JPY(円)
  • XEM(ネム)/JPY(円)
  • LTC(ライトコイン)/JPY(円)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)/JPY(円)
  • MONA(モナ)/JPY(円)
  • XLM(ステラルーメン)/JPY(円)
  • QTUM(クアンタム)/JPY(円)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)/JPY(円)
  • IOST(アイオーエスティー)/JPY(円)
  • ENJ(エンジンコイン)/JPY(円)
  • OMG(オーエムジー)/JPY(円)
  • SAND(サンド)/JPY(円)

コインチェックの販売所の手数料は、取引所と同じで無料です。

ただし、販売所でも実質的な手数料として取引所よりも広めのスプレッドが設定されているため、実際は無料ではありません。

スプレッドは基本的に0.1%~5.0%で変動しますが、価格の急変時や市場の流動性などにより、5.0%以上開くこともあります。

コインチェックの販売所で仮想通貨を購入すると、通貨ペアによってはそれなりの含み損でのスタートになります。今後も使っていくので注意しましょう。

Coincheck(コインチェック)入出金手数料

Coincheck(コインチェック)に入出金をする際に手数料がかかり、コインチェックでは手数料の入金方法により異なります

Coincheck(コインチェック)入金手数料

コインチェックへの入金手数料の詳細は以下の通りです。

pagedesign

銀行振込の場合、コインチェックに支払う手数料は無料です。

ですが、銀行からコインチェックの口座に振り込む際の振込手数料は、ユーザーが負担する必要があります。

コンビニ入金とクイック入金は、入金する金額によって手数料が変わってくる点をおさえておきましょう。

また、コンビニ入金・クイック入金ともに、入金額から手数料が差し引かれた分がコインチェックの残高に反映されます。

例えば、クイック入金でコインチェックに30万円入金したい場合、手数料1,018円が徴収されるため301,018円入金する必要があるということです。

Coincheck(コインチェック)出金手数料

コインチェックから、日本円を出金する際にかかる一律手数料は407円です。

出金手数料は入金手数料のように金額による手数料の違いはなく、一律407円で出金できます。

また、コインチェックの出金手数料は出金先の銀行に影響を受けません。どの銀行に出金しても、手数料は407円で済みます。

※コインチェックにおける出金の上限額は1回あたり5千万円です。

Coincheck(コインチェック)送金手数料

Coincheck(コインチェック)からMetamask(メタマスク)などのウォレットや他取引所へ送金をする場合も手数料が発生します。

MetaMask(メタマスク)への送金方法はこちらの記事を参考にして下さい。

あわせて読みたい
Coincheck(コインチェック)からMetamaskに送金する方法
Coincheck(コインチェック)からMetamaskに送金する方法

仮想通貨送金手数料

コインチェックの口座からウォレットや他の取引所に送金する際には、送金手数料がかかります。

送金手数料は、以下の通り通貨により異なります。

仮想通貨送金手数料
BTC(ビットコイン)0.0005BTC
ETH(イーサリアム)0.005ETH
ETC(イーサクラシック)0.01ETC
LSK(リスク)0.1LSK
FCT(ファクトム)0.1FCT
XRP(リップル)0.15XRP
XEM(ネム)0.5XEM
LTC(ライトコイン)0.001LTC
BCH(ビットコインキャッシュ)0.001BCH
MONA(モナ)0.001MONA
XLM(ステラルーメン)0.01XLM
QTUM(クアンタム)0.01QTUM
BAT(ベーシックアテンショントークン)63.0BAT
IOST(アイオーエスティー)1.0IOST
ENJ(エンジンコイン)30.0ENJ
OMG(オーエムジー)5.0OMG
PLT(パレットトークン)72.0PLT

また、一部の通貨は変動型の送金手数料が適用され、ネットワーク手数料の区分により送金手数料が変動することがあります。

まとめ

Coinchek(コインチェック)は、取引所の手数料が無料なのが他の暗号資産取引所にはないメリットです。

取引所で仮想通貨を売買したい方に、日本円で取引できるコインチェックは特におすすめです。

コインチェックで仮想通貨を積立する場合は、スプレッドが広い販売所で仮想通貨を購入するコインチェックつみたてを利用せず、取引所で手動で積立して手数料を安く済ませましょう。

コインチェックの入金・出金時の手数料は、他社に比べて高めに設定されています。

入金は銀行振込の無料枠を活用しつつ、入金・出金の手続き回数自体を減らすことで手数料を抑える工夫が必要です。

なお、コインチェックは本人確認書類の提出から最短1日で審査が完了するため、すぐに仮想通貨の取引を始められます。

また、口座開設や開設後の口座維持手数料は一切かからず500円から取引できるなど、気軽に仮想通貨を購入できる環境が整っています。

仮想通貨の買い時タイミングに備えて早めに口座を開設し、少額で取引しながら使い方に慣れておきましょう。

ではまた

    ABOUT ME
    Kemuso
    Kemuso
    NFTブロガー
    NFTプロジェクトのファウンダーとしてNFTプロジェクトの運営を経験。

    現在3つのブログを運営中
    記事URLをコピーしました