NFTゲーム

初心者でも分かる”寝て稼ぐ”|SleeFiとは?徹底解説

kemusojpn

今P2E・M2EのBCG(ブロックチェーンゲーム)がとにかく盛り上がっていますが、その中でもあまり開拓されていなかったBCG分野”寝て稼ぐSleep to Earn”それが【SleeFi】今回はこちらを徹底解説していきます。

SleeFi Image
この記事で分かること
  • SleeFiの始め方
  • SleeFiの稼ぎ方
  • SleeFiアイテムの特徴

SleeFi(スリーファイ)とは

人間は毎日”睡眠”を取ります。

毎日の”睡眠”をマネタイズしようというプロジェクトこそがSleep2Earn、寝てお金を稼ぐ【SleeFi】の創り出そうとしているものです。

SleeFi Image
SleeFiスリーファイ
対応OSios/Android
ゲームトークンSLFT
ガバナンストークンSLGT
ブロックチェーンAvalanche(アバランチ)
サービス開始時期8月中にβ版を開始予定

SleeFiは、「Sleep to Earn」というコンセプトを目指した革新的なWeb3.0アプリケーションです。

全ての人に必要不可欠な”睡眠”を軸としたプロジェクトとなっており、近頃STEPNやRUNBLOXなどの「Move to Earn」が爆流行していますが、歩く体力がない方や毎日歩くのが面倒だと思う方でも”睡眠”なら誰でも参加することができます。

個人的に最強のマネタイズだと思っています。

SleeFiでは、ユーザーはベッドNFTを保有することにより、睡眠時間や睡眠の質に応じてSLFT(仮想通貨)というトークンを獲得することが可能です。

毎日規則正しい睡眠を取ることで稼げるトークン量が増える仕組みだよ

kemuso
kemuso

【SleeFi】ゲームの内容詳細

【SleeFi】の最大の特徴はもちろん睡眠を取ることでお金を稼ぐことができるシステムがあることです。

毎日ただ寝ていた時間をマネタイズできるようになるので今後Sleep to Earn市場にかなりの人口が流れ込んでくると考えられます。

その先駆けと言って良いほど作り込まれたBCG(ブロックチェーンゲーム)です。

SleeFiは現在公開されている情報だけでもかなりのやり込み要素が組み込まれていて攻略方法、立ち回りを考えて最大限の収益を獲得する必要があります。

ベットNFTやアイテム詳細

SleeFiは現在公開されている情報だけでもかなりのやり込み要素が組み込まれています、その全てを徹底解説していきます。

ベットNFT 全4種類

SleeFiにはベットNFTと言われる自分の睡眠時間に適したベットNFTを保有する必要があります。

そのベットNFTの種類は現在以下4種類です。

ベットの種類
ショート→3時間〜5時間睡眠
ミドル→4時間30分〜7時間睡眠
ロング→6時間30分〜9時間睡眠
フレキシブル→3時間30分〜12時間睡眠

ベットNFTの睡眠時間内を寝ることが最大効率で、より多くの収益を得ることができるのでご自身の平均睡眠時間に合わせて選択しましょう。

もし毎日の睡眠時間がバラバラの方にはフレキシブルがおすすめです。

フレキシブルでは3時間30分〜12時間の間であれば最大効率で収益を獲得できるのであまり時間を気にせず寝て稼ぐことができます。

※おそらくベットNFTの価格は1番高くなります。

ベッドNFT Attributes

SleeFi App

ベットNFTには1つ1つにAttributes(性能)がランダムで割り振られています。

  • Efficiency

Efficiencyがトークンの獲得量に大きく関係します。Effiencyの数値が高いほど、睡眠中に獲得できるSLFTが増加していきます。

  • Luck

Luckの値によってLucky Boxの出現率やLucky Boxのレベルが変化します。

  • Bonus

Bonusの値によってアイテムを使用した時の効果にポジティブな補正がかかります。

  • Special

Specialの値が高ければ高いほど、SLGTを獲得できるトークン量が増えていきます。

  • Resilience

Resilienceの値はベッドの耐久値に関係します。この値が高いほど、耐久値の減少が緩やかになります。耐久値は睡眠の計測を行うたびに一定の割合で減少していきます。また、耐久値が低くなると獲得できるトークンの量が減少していきます。

STEPNをプレイしたことがある方はしっくりくると思いますが、この性能が収益に直結してくるのでかなり重要なゲーム要素になります。

また性能の高いベットNFTは価格も高くなります。

ベットNFT レアリティ

SleeFi App

ベッドNFTのレアリティは以下の5段階で用意されており、レアリティごとにベッドNFTの性能が異なります。

  • Common
  • Uncommon
  • Rare
  • Epic
  • Legendery

レアリティが高ければ高いほど初期値から性能が良いです。

ベットNFT レベルアップ

ユーザーはSLFTとSLGTを消費することで、ベッドのレベル上げが可能です。

レベルアップには一定の時間を要しますが、SLFTを消費して時間を短縮するこができます。

レベルは最大50であり、レベル30以降はSLFTとSLGTを消費する必要があります。

一定のレベルに達すると、以下のように様々な機能の開放や特典が用意されています。

ベットレベル特典
レベル5ソケットのロックが1つ開放
ベットミントが1回可能になる
レベル7ベットミント2回目が可能になる
レベル10ソケットのロックが1つ開放
ベットミント7回目まで可能になる
レベル15ソケットのロックが1つ開放
レベル25ソケットのロックが2つ開放
Recycling機能が開放
レベル31SLGTの獲得機能の開放
レベル35Specialの数値に4%のボーナス
レベル40Specialの数値に6%のボーナス
レベル45Specialの数値に10%のボーナス
レベル50記念トロフィーを獲得

強化アイテム:宝石

SleeFiにはベットNFTの数値を上げるアイテムとしてソケットと宝石が実装されています。

宝石

Bedが一定のレベルに達すると宝石を装着できるソケットが解放されます。 ソケットに宝石を装着することでベッドのステータスを上昇させることができます。

  • Ruby: Efficiencyの数値上昇
  • Sapphire: Luckの数値上昇
  • Emerald: Bonusの数値上昇
  • Diamond: Specialの数値上昇
  • Amethst: Resilienceの数値上昇

宝石にもレベルが設定されており、同じレベルの宝石を3つ掛け合わせてmintすることも可能です。(STEPNのパリチャレと同じ)

mintは成功確率が存在し、成功すると1つ上のレベルの宝石を入手できます。

レベル数値費用成功確率
レベル12.5%上昇100SLFT35%
レベル25%上昇200SLFT55%
レベル310%上昇400SLFT65%
レベル415%上昇800FLFT+200SLGT75%
レベル520%上昇1600SLFT+400SLGT100%?

ソケット

数値を強化する宝石を装着するソケットは合計で5つ用意されています。

同じ種類の宝石は3つまでしか装着できません。

ソケットはレベル5、レベル15、レベル20、レベル25に達すると段階的に解放され、解放のためには一定量のSLFTを消費する必要があります。

また、ソケットに宝石を装着するのは無料ですが、外す場合は一定のSLFTが必要です。

Insuranceをかけずに睡眠の計測を行うと一定確率で宝石が壊れる可能性があります。

各種アイテム

SleeFiにはさまざまな効果をもたらすアイテムが存在します。

赤キャンディーEfficiencyにプラス補正をかける
青キャンディーLuckにプラス補正をかける
白キャンディーSpecialにプラス補正をかける
紫キャンディーResilienceにプラス補正をかける

アイテムにも5段階のレベルが設定されており、レベルが上がるごとに使用時の効果も上がります。

アイテムの効果はBonusが影響するため、Bonusの値を上げることでアイテムの効果を最大限発揮できます。

アイテムはLucky Boxやガチャ等で入手する他、mintで作り出すことも可能です。

また、アイテムはNFTマーケットプレイスで売買することもできます。

Insurance(保険)

SleeFiにはInsurance(保険)が用意されており、Insuranceを購入するとソケットに入れた宝石が壊れるのを防ぐことができます。

毎日のトークン支払い時にBedと宝石が一定の確率で壊れます。

Bedが壊れた場合はそのBedについていた宝石は戻ってきますが、宝石が壊れた場合は完全に失われます。

Bedと宝石が壊れる確率は以下の表

・ベットの壊れる確率

レアリティ壊れる確率
Common5%
Uncommon4%
Rare3%
Epic2%
Legend1%

・宝石の壊れる確率

レベル壊れる確率
レベル15%
レベル24%
レベル33%
レベル42%
レベル51%

低確率ではありますが引かなくはない確率+BCGでは公表確率が本当かわからないことが多いので保険は購入した方が安心です。

ベットNFT Mint

SleeFiでは自身が保有するベットNFTを親としてMint(生産)することで、新しいベットNFTを生み出すことができます。

Mintのコストは親ベットNFTのレアリティやMint回数によって変わります。Mint回数、レアリティが高いほどMintコストも上昇します。

MintしたベットNFTをマーケットプレイスで売買できるのはとても魅力的です。

ガチャ要素

日本人の特徴としてガチャ大好きは皆さんご存知だと思いますがこのSleeFiにはガチャ要素が組み込まれています。

ガチャはSLFTを消費して回すことができます。

ガチャからはベット、宝石、アイテム、トークンが獲得できます。

ガチャは通常ガチャとスペシャルガチャの2種類が用意されています。

・通常ガチャ費用

10連ガチャ→100SLFT

※500回ガチャを回すと、必ずUncommonのBedを獲得可能。

排出アイテム

CommonからRareまでのベット・宝石1〜2レベ・キャンディ1〜2レベ・SLFT

・スペシャルガチャ費用

10連ガチャ→1000SLFT

排出アイテム

CommonからLegendまでのベット・宝石1〜4レベ・キャンディ1〜4レベ・SLFT

SleeFi 稼ぐ仕組み GameFi

SleeFiでは複数のトークン獲得ルートが設けられています。

Daily Enegy Cap

毎日1回、睡眠が計測されます。計測開始時間から20時間後にエネルギーが回復します。

1日に1回以上は計測することができません。

Daily Token Cap

スタート時は20SLFTがデイリーの上限として設定されています。

保有するNFTの量を増やすことで、獲得トークン量を増やすことが可能です。

NFT保有ボーナス

ベットNFTを複数保有することで、SLFTの1日の獲得上限や獲得量を増やすことができます。

ベットNFTの個数と効果の関係は以下のとおり。

保有ベット数獲得上限ボーナス
120
3100+1%
6200+2%
10300+3%
15400+5%
17500+10%
20600+15%
25700+20%
27800+25%
301000+30%

当たり前ですが、保有ベット数30個が強すぎます。

ベット1つの価格がどの程度になるのか注目です。

アクティビジョンコード

もうもはやBCGでは当たり前になっていますが、SleeFiも招待制のプロジェクトです。

ユーザーは3日間計測を行うと、1つの招待コードを入手でき、

1人招待することができます。

招待数が多いユーザーはゲーム内で特典を得ることができます。

招待して見返りがあるのはとても嬉しいです。

マーケットプレイス

SleeFiではゲーム内にマーケットプレイスが実装されます。

マーケットプレイスで、ベット・アイテム・宝石・Lucky Boxの売買をしてトークンを獲得できます。

【SleeFi】始め方

SleeFiは現在リリースされていませんので実際にベットNFTを購入したりはできませんがあらかじめ仮想通貨の取引できるように取引口座や仮想通貨の用意が必要です。

いつでもSleeFiや他ブロックチェーンゲームを始められるように準備を始めましょう。

手順1: Coincheck(コインチェック)口座開設

Coincheck thumbnail

SleeFiもそうですが他ブロックチェーンゲームを始めるにも仮想通貨は必ず必要になります。

今回は初心者の方でも日本語なので分かりやすく操作も分かりやすく簡単に登録ができる国内最大級の仮想通貨取引所「Coincheck(コインチェック)を紹介します。

仮想通貨取引所は複数ありますが、まずはCoincheckから口座開設することをお勧めします。

・Coincheckのメリット

  • 日本円で仮想通貨が購入可能
  • コンビニや銀行振込にて仮想通貨が購入できる
  • 口座開設が簡単
  • 取引操作がシンプルで分かりやすい
  • 日本の企業の安心感

Coincheck(コインチェック)の口座開設方法はこちらの記事を参考にして下さい。

あわせて読みたい
【Coincheck(コインチェック)】口座開設|ビットコイン購入方法
【Coincheck(コインチェック)】口座開設|ビットコイン購入方法

Coincheckでビットコインを購入

コインチェックの口座開設が完了したら、ゲームを始めるのにビットコインが必要なので実際にビットコインを購入してみましょう。

ビットコインの購入方法はこちらの記事でかなり詳しく解説しているので参考にして下さい。

あわせて読みたい
【Coincheck(コインチェック)】口座開設|ビットコイン購入方法
【Coincheck(コインチェック)】口座開設|ビットコイン購入方法

海外取引所「Bybit」口座開設

Bybit

続いて、海外取引所のBybit(バイビット)で口座開設をしておきます。

ブロックチェーンゲームをプレイする際に必要となる仮想通貨が海外取引所でしか買えない場合が多いからです。

Bybitは日本語に対応しているので分かりやすく使いやすい海外取引所なのでおすすめの取引所です。

Bybitへビットコインを送金

Bybitの口座開設が済んだら、先ほどコインチェックで購入したビットコインをBybitへ送金してみましょう。

※初めて仮想通貨の送金をする際は少額を送金して着金を確認できてから全額送金するようにしましょう。

コインチェックかBybitへビットコインを送金する方法はこちらの記事を参考にして下さい。

あわせて読みたい
Coincheck(コインチェック)からMetamaskに送金する方法
Coincheck(コインチェック)からMetamaskに送金する方法

Bybit(バイビット)でAvalanche(AVAX)を購入する

続いて、Bybitでゲームに必要となる仮想通貨を購入します。

まずはAvalanche(AVAX)が必要になるので、Avalanche(AVAX)を購入しましょう。

購入できたら次にウォレット「MetaMask」に送金しましょう。

BybitからMetaMaskへ送金する

先ほど購入したAVAXをBybitの口座からMetaMaskウォレットへ送金しましょう。

送金の手順はこちらも記事を参考にして下さい。

あわせて読みたい
Coincheck(コインチェック)からMetamaskに送金する方法
Coincheck(コインチェック)からMetamaskに送金する方法

これでSleeFiを始める仮想通貨の準備は完了です。

β版が8月から始まるのでそれまで楽しみにして待ちましょう!

ではまた

ABOUT ME
Kemuso
Kemuso
NFTブロガー
NFTプロジェクトのファウンダーとしてNFTプロジェクトの運営を経験。

現在3つのブログを運営中
記事URLをコピーしました